car life style

自動車に関するニュースや新車・中古車等車に関わる情報を2chからコメントをお借りしてまとめたブログです。

    新車・中古車等車に関わる情報や自動車に関するニュースを2chからコメントをお借りしてまとめたブログです。

    2022年03月

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    2008年5月6日 - 「ハイブリッド」発売。 2009年4月 - 「オート上海2009」にて、中国向けクラウンとしてマジェスタのボディを使用した2代目となるS200型を出展。先代180型クラウンに引き続き天津一汽トヨタにて現地生産される予定である。なお、ショートホイールベースのS200型は中国国内で製造・販売の予定はない。
    156キロバイト (18,532 語) - 2022年2月25日 (金) 15:06
    「ベストカー」3月10日号にて、今年5月にモデルチェンジという情報をお伝えした一方で、モデルチェンジは1年後だという販売店関係者の情報もあり、情報が錯綜していたトヨタクラウン。
    だが、ここにきて確定的情報が伝わってきた。

    1 エムトリシタビン(ジパング) [ZA] :2022/03/29(火) 20:53:39.62


    トヨタでは16代目となる新型CROWNの発売準備が進められている。
    正式発売日は2022年5月になることが予想され、先行予約の受付が2022年4月にも始まる見込みとなっている。
    (写真は従来型クラウン)

    (出典 car-research.jp)

    新型CROWNでは複数のボディタイプが設定される。
    従来型スポーティーセダンのイメージを継承するのが、4ドアクーペボディの「通常クラウン」で、まず5月に発売されるのはこのモデルということになるだろう。
    そして、クロスオーバーSUVスタイルの「クラウンクロス」は、2023年になってからの発売が予想される。

    これら新型クラウンシリーズは、GA-Kプラットフォームをベースに開発される。
    エンジンは遂に横置きとなり、FFレイアウトが採用される。
    それでも4WDモデルを中心としたグレードラインアップが組まれ、他のGA-K車種と比較して、ワンクラス上の走行性能と快適性能が提供される。
    (つづきあり)
    https://car-research.jp/crown/suv.html


    【トヨタ【新型クラウン】4月先行予約スタート、5月発売見込み】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    書類送検(しょるいそうけん)とは、刑事手続において、司法警察員が被疑者を逮捕せず、または、逮捕後釈放した後に、被疑者の身柄を拘束することなく事件を検察官送致(送検)することを指す、主に報道で用いられる用語である。「書類送付」「捜査書類送付」などと表現されることもある。
    4キロバイト (569 語) - 2021年7月30日 (金) 07:13
    京都南労働基準監督署は29日、労働安全衛生法違反の疑いで、京都市伏見区の自動車整備会社と同社の男性社長(75)を書類送検した。

    1 香味焙煎 ★ :2022/03/29(火) 18:44:52.37

    京都南労働基準監督署は29日、労働安全衛生法違反の疑いで、京都市伏見区の自動車整備会社と同社の男性社長(75)を書類送検した。

    書類送検容疑は、昨年5月17日、城陽市の路上で、クレーンでつり上げ作業をする際にフックに荷物を掛けたりする「玉掛け」の資格を持たない男性社員に、脱輪した車両をつり上げるための玉掛け業務をさせた疑い。

    同労基署によると、男性社員はつり上げ作業後、車両をジャッキアップ中に道路と車両の間に挟まれて死亡した。この事故の調査で男性社員に無資格で業務をさせていたことが分かったという。

    京都新聞
    2022年3月29日 16:16
    https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/760635


    【【社会】無資格社員に「玉掛け」自動車整備会社と社長を書類送検、死亡事故で発覚】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    トヨタ自動車)に名称変更。2004年のトップリーグ参入に合わせて、トヨタ自動車ヴェルブリッツとなる。VERDE(=緑:イタリア語)、BLITZ(=稲妻、力強さ:ドイツ語)を合わせた名前であり、緑はトヨタ伝統のジャージカラー。ヴェルブリッツを名乗る前の「トヨタ自動車
    32キロバイト (1,209 語) - 2022年3月28日 (月) 11:23

    1 名無し for all, all for 名無し :2020/02/07(金) 09:28:47.03

    トヨタ自動車ヴェルブリッツ公式ホームページ
    http://sports.gazoo.com/verblitz/news/2017/12/004680.html

    ※前スレ
    トヨタ自動車ヴェルブリッツ Toyota Verblitz 5本目
    https://mao.5ch.net/test/read.cgi/ovalball/1515254279/
    トヨタ自動車ヴェルブリッツ Toyota Verblitz 6本目
    https://mao.5ch.net/test/read.cgi/ovalball/1561631057/


    【【ラグビー】トヨタヴェルブリッツが4強入りへ再接近 シャイニングアークス東京ベイ浦安は最下位脱出】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    LX(エルエックス、Lexus LX)は、トヨタ自動車が展開する高級車ブランド「レクサス」が販売するフラッグシップSUVである。 トヨタブランド(トヨタ店)として販売されている「ランドクルーザー」の姉妹車にあたり、初代モデルから3代目の途中まで北米を中心とした海外市場専用モデルとなっていったが、20
    35キロバイト (3,817 語) - 2022年3月14日 (月) 23:00
    トヨタ紡織は25日、トヨタ自動車の新型レクサス「LX」に同社が開発したシートなどが採用されたと発表した。
    ウオークイン機能やラゲッジスペース拡大をすべて自動で行う「マルチシートオートアレンジ」をトヨタ車で初採用するなどし、車内の利便性や快適性を向上した。

    2 名無しさん@そうだドライブへ行こう :2022/02/28(月) 18:57:47.42

    ウオークイン機能は、スイッチ操作でフロントシートが前方に移動、セカンドシートが折りたたまれ前方に跳ね上がることで、サードシートへの乗り降りを楽にする。


    【トヨタ紡織、レクサス「LX」に新開発シート採用 「マルチシートオートアレンジ」をトヨタ初採用】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    電気自動車 (EVからのリダイレクト)
    映画『誰が電気自動車を殺したのか?』 EV・PHVプラットフォーム - 経済産業省 電気自動車は環境に優しいのか? - GNV (Global News View) 次世代自動車振興センター - 補助金交付、広報などを行う SIM-Drive 電気自動車 総合情報サイト|日産 EVスポット
    106キロバイト (14,558 語) - 2022年3月15日 (火) 21:05
    急速充電設備の補助対象拡大
     
    経済産業省は2022年3月25日、EV(電気自動車)、PHEV(プラグインハイブリッド車)、FCV(燃料電池車)の購入や充電インフラ整備に関する補助の申請受付を、3月31日から順次開始すると発表しました。

    1 ムヒタ ★ :2022/03/19(土) 07:59:36.03

    EV=電気自動車の普及に向けて、マンションでの充電インフラの導入がなかなか進みません。
    こうした課題に対処するため、経済産業省はマンションでの充電器に欠かせない高圧の受電設備を導入する場合、最大で400万円の補助金を支給する方針を固めました。

    政府は、2035年までにすべての乗用車の新車をEVなど電動車にする目標を掲げていて、必要な充電インフラの整備を進めています。

    ただ、マンションでは設備を導入するには管理組合の合意が必要で、多くのケースで組合から費用を拠出することになり、合意形成が難しいことが課題となっていました。

    マンションでのEV向けの充電器には高圧の受電設備を導入する必要がありますが、経済産業省は最大で400万円の補助金を支給する方針を固めました。

    具体的には、出力が50キロワット以上90キロワット未満の設備には最大で200万円、150キロワット以上の設備には最大で400万円を補助する方針です。

    さらに、充電器の設置費用なども補助することにしています。

    日本ではマンションなど共同住宅で暮らす人が4割を超えています。

    政府としては、補助金を充実させることでマンションにも設備を導入しやすい環境を整え、EVの普及を促していく考えです。
    2022年3月19日 6時58分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220319/k10013540451000.html


    【「EV補助金」最大85万円に大幅増額 3/31から受付 充電インフラ整備も支援強化】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    クラウン(CROWN)は、トヨタ自動車が1955年1月から製造・販売している高級乗用車である。 カローラ、ランドクルーザー、プリウス、ヤリス(旧・ヴィッツ)と共にトヨタを代表し、日本を代表する車種のひとつである。そして、それらの中でも最も古い歴史を持つブランドである。初代は日本初の純国産設計車として
    156キロバイト (18,532 語) - 2022年2月25日 (金) 15:06
    クラウンの続報が入ってきた!思えば2020年11月に某新聞からクラウンの生産を現行型で終了、と報じそこから1年余。
    錯綜していた情報がようやくひとつへ収斂され、「クラウン大改革」の道筋が見えてきた!?

    1 エアロモナス(ジパング) [ニダ] :2022/02/26(土) 21:38:01.83


    16代目となる新型クラウンのフルモデルチェンジ発売は2022年5月頃の実施が予想される。

    (出典 car-research.jp)

    トヨタでは、2022年3月に現行型クラウンの受注を終了させる計画となっている。
    新型クラウンのボディタイプは複数タイプ用意されるが、先行して2022年5月頃にデビューするのは、通常セダンとなる。
    これはスタイリッシュな4ドアクーペのボディスタイルとなり、従来からのコンセプトを直接的に継承するモデルとなる。
    もう一つのボディタイプはSUVスタイルとなり、クラウンクロスとして2023年に追加発売される見込み。

    ■クラウンはTNGA-Kプラットフォーム、エンジン横置きFFレイアウト採用に
    次期クラウンは遂にFFレイアウトが採用され、TNGA(GA-K)プラットフォーム車種の一つとなる。
    歴代クラウンシリーズは、エンジン縦置きのFRレイアウトを採用してきたわけだが、この流れは現行型で終了となる。

    これまでにGA-Kプラットフォームを採用してきたモデルは、カムリ、RAV4、ハリアーといったあたり。さらにプレミアムセダンとしてレクサスESでも導入例があり、エンジン横置きのFFレイアウトとはいえ、プレミアム車種にも使われてきたポテンシャルの高さを持つ。

    2021年11月には、GA-Kプラットフォームの最新モデルとしてレクサスNXが日本発売されていたが、次期クラウンに搭載されるパワートレインのいくらかが共通化されることが予想される。
    (続きあり)
    https://car-research.jp/crown/toyota-6.html


    【トヨタ【クラウン】2022年5月頃フルモデルチェンジ、セダン先行発売、SUV派生は1年遅れ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    トヨタ自動車 (TOYOTAからのリダイレクト)
    トヨタ自動車WEBサイト トヨタ自動車株式会社 (@TOYOTA_PR) - Twitter TOYOTA / トヨタ自動車株式会社 (@ToyotaMotorCorporation) - Facebook トヨタ公式チャンネル - YouTube Toyota_jp (@toyota_jp) - Instagram
    256キロバイト (32,096 語) - 2022年3月25日 (金) 05:42
    足もとで円安が加速している。この日の午前11時時点でドル円相場は1ドル=117円70銭前後と17年1月以来、5年2カ月ぶりのドル高・円安水準となっている。今月10日に発表された米2月消費者物価指数(CPI)は前年同月比7.9%上昇と約40年ぶりの高水準となった。

    1 ボラえもん ★ :2022/03/23(水) 12:18:20.90

    23日午前の東京株式市場で日経平均株価は続伸し、前日比723円15銭(2.66%)高の2万7947円26銭となった。
    前日の米株式市場で主要株価指数が上昇した流れを受け、東京市場でも幅広い銘柄への買いが優勢となった。
    値がさのソフトバンクグループ(SBG)が大幅高となり、指数の押し上げにつながった。

    米連邦準備理事会(FRB)による利上げが続くとの観測で前日に米長期金利が上昇し、
    東京市場ではメガバンクなど銀行株に利ざや改善を期待した買いが入った。
    日米金利差の拡大を背景に外国為替市場では1ドル=121円台前半まで円安・ドル高が進み、トヨタなど輸出関連株に追い風となった。

    午前の中ごろから日経平均は上げ幅を拡大した。売り方の買い戻しや年初からの急落局面で現金比率を高めていた投資家の買いが観測された。
    3月期末が近づいたことで配当取りの買いも意識された。

    JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も続伸した。
    前引け時点の東証1部の売買代金は概算で1兆7207億円、売買高は7億880万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1908、値下がりは210、変わらずは60銘柄だった。

    ファストリや東エレクなど主力の値がさ株が買われた。レーザーテクも高い。一方、郵船など大手海運株や三菱商事は下げた。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUB00004_T20C22A3000000/


    【【株価】日経平均2万8000円目前まで回復 円安でトヨタなど輸出関連株に追い風 3月23日午前終値】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    なお、以下の車種についてはそれぞれの記事を参照のこと。 カローラセレス カローラレビン カローラII カローラFX カローラWRC カローラランクス カローラフィールダー カローラツーリング カローラスパシオ カローラルミオン カローラスポーツ カローラクロス  
    210キロバイト (26,137 語) - 2022年2月25日 (金) 15:01
    今回のビッグマイナーチェンジで注目されるのが「GRカローラ」の存在

    2020年3月17日に豪州の特許庁に「GRカローラ」の商標申請が行なわれており、「Golf GTI」や「Golf R」の対抗モデルとして、同車の登場が確実視されています。

    マイチェン仕様の意匠をベースに、GRヤリスでお馴染みの迫力のあるフロントマスクやエアロパーツで武装するとみられ、リヤのトレッド拡大のため、クォーターパネルにワイドフェンダーを装備(全幅+20mm)するようです。

    1 ビクテグラビルナトリウム(ジパング) [PT] :2022/03/26(土) 20:46:00.52


    トヨタの5ドアハッチバック「カローラスポーツ」、セダンの「カローラ」、ステーションワゴンの「カローラツーリング」の一部改良が予定されている。
    2022年夏頃の受注スタート、10月頃に正式発売日を迎える見込み。

    (出典 car-research.jp)

    現行の12代目カローラシリーズは、2018年から「カローラスポーツ」、2019年から「カローラ」と「カローラツーリング」が加わり、3つのモデルが先行して国内販売されてきた。
    さらに2021年には、クロスオーバーSUVのカローラクロスが追加発売されていたが、先行3モデルについては、販売のテコ入れが必要な時期に来ており、2022年に予定されている一部改良は、マイナーチェンジ相当の内容になりそうだ。

    ■パワートレインラインアップ変更により、低価格グレードが充実
    「カローラスポーツ」、「カローラ」、「カローラツーリング」の搭載エンジンは、1.8L ハイブリッド(2ZR-FXE型)、1.2Lターボ(8NR-FTS型)、1.8L NA(2ZR-FAE型)、さらに一部の上位グレードには、2.0L NA(M20A-FKS型)が設定されてきた。

    これまで販売実績の大きかった1.8L ハイブリッドは、従来通り採用が継続される見込み。

    1.8L NAについては、1.5L NA(M15A-FKS型)に変更となり、グレードラインアップが大きく変わる。1.5L NAエンジンはヤリスで採用実績がある、直列3気筒のダイナミックフォースエンジンで、このクラスではトヨタの最新のエンジンとなる。排気量やパフォーマンスでは格下ということになるが、燃費性能は向上することになりそう。
    また低価格でコストパフォーマンスに優れたグレードの設定が予想され、納期が遅れがちなハイブリッドモデルに対するもう一つの選択肢として、ユーザーから選ばれることになる。

    そして、1.2Lターボについては販売実績が良くないこともあり廃止となる見込み。
    本来は欧州市場でのダウンサイジングターボエンジンの需要に応え開発されたユニットであるが、現在の同市場はHEV(ハイブリッド車)、BEV(バッテリーEV)の採用が事実上必須となっており、その役目は終えている。
    国内向けを含めて販売縮小され、生産を終えることが予想される。

    ■後期型へのフェイスリフトも期待される
    (続きあり)
    https://car-research.jp/corolla/toyota-17.html


    【トヨタ【カローラ】2022年10月マイナーチェンジ、直3 1.5L NA搭載で低価格グレード充実へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    現代自動車(ヒョンデじどうしゃ〈ハングル: 현대자동차; ハンチャ: 現代自動車; RR: Hyeondae Jadongcha  発音を試聴〉、通称 ヒョンデ〈英: Hyundai, ハングル: 현대; ハンチャ: 現代; RR: Hyeondae, IPA: [ˈhjəːndɛ]〉; KRX:
    92キロバイト (12,001 語) - 2022年3月16日 (水) 03:43
    2001年にヒュンダイとして日本に進出したが販売不振から2010年に撤退した。あれから12年目にして新たに「ヒョンデ」と呼び名を変え、EVとFCVを引き連れて日本に再進出を開始した。

    1 リバビリン(SB-iPhone) [US] :2022/03/27(日) 08:19:23.29


    国産メーカーを脅*「電動車」技術の高さ

    日本でこれまで「ヒュンダイ」と表記されてきた、韓国の現代自動車。

    2020年にワールドワイドで、
    韓国語の発音である「ヒョンデ」に統一されることになった。

    画像

    (出典 i.imgur.com)

    2

    (出典 i.imgur.com)

    3

    (出典 i.imgur.com)


    https://www.webcartop.jp/2021/05/705525/2/


    【みんなは買うの?韓国 現代自動車がヒョンデに名前を変えて日本再上陸(画像あり)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ヤリス(Yaris)は、トヨタ自動車が生産・発売するBセグメントのコンパクトカーである。 1999年に発売。日本では初代~3代目まで『ヴィッツ』の名称で販売されていた。初代から20周年となる2020年発売の4代目からは、2017年から復帰している世界ラリー選手権(WRC)で「ヤリス
    33キロバイト (3,947 語) - 2022年3月15日 (火) 08:03
    2021年に国内でもっとも売れた登録車はトヨタ「ヤリス」という結果

    日本自動車販売協会連合会(自販連)によると、年間で21万2927台(前年比140.3%)という登録台数を記録したヤリスですが、どのような販売状況となっているのでしょうか。

    13 名無しさん@そうだドライブへ行こう (ササクッテロラ Sp03-zzt4) :2022/03/01(火) 08:12:43.81

    2020年2月10日に日本で発売されたヤリスは、同年8月の「ヤリスクロス」、同年9月の「GRヤリス」を含めたヤリスシリーズとして展開


    【日本で1番売れたクルマはトヨタ? 小型車・SUVと異なる仕様備える「ヤリスシリーズ」の強みとは】の続きを読む

    このページのトップヘ