car life style

自動車に関するニュースや新車・中古車等車に関わる情報を2chからコメントをお借りしてまとめたブログです。

    新車・中古車等車に関わる情報や自動車に関するニュースを2chからコメントをお借りしてまとめたブログです。

    TOYOTA系列関連ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 鬼瓦権蔵 ★ :2023/01/30(月) 13:03:46.10ID:TQ7Tg9N/9
    全文
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f1a255ece00cc98d36b2cf44c087e541951c0380

    トヨタ ランドクルーザー300系「ZX」グレード

    (出典 tk.ismcdn.jp)



    トヨタ「ランドクルーザー」が手に入らない。
    2021年にフルモデルチェンジして登場した300系と呼ばれるモデルは、生産計画を大きく上回る注文が入っており、納車まで3~5年も待つとも言われている。

    2023年1月中旬時点では、「生産能力を大幅に上回るご注文をいただいているため、現在ご注文を停止させていただいております」と、注文すらできない状況だ。
    手に入れるためには、“忍耐と覚悟”が求められるクルマになっているのである。

    では、なぜそうなるのか。理由の1つは、中東を筆頭に世界中で爆発的な人気を誇ることにある。
    世界規模の受注残に対応するために、日本向けの割り当て台数が少ないという事情もあり、争奪戦が繰り広げられているのだ。

    それは高騰する中古価格にも現れている。
    300系の新車価格は510万~800万円だが、1500万円以上で流通している個体もあるほど(2023年1月中旬時点)。過去には3000万円で販売されたこともあった。
    旧モデルとなる200系でも800万円以上のプレミア価格となっており、需要と供給のバランスが崩れていることがうかがえる。

    ちなみに、世界的に人気のランドクルーザーは海外輸入を目的とした窃盗団による盗難も多く、被害台数は2021年:ワースト1位(331台)、2020年:ワースト2位(275台)、2019年:ワースト2位(426台)だ(日本損害保険協会『自動車盗難事故実態調査』)。
    防犯上のコストも高くつくモデルになってしまっている。

    ■300系の平均購入額は832万円

    前置きが長くなったが、さまざまな困難を乗り越えてランドクルーザーを所有している人は、どんな人なのだろうか。
    200系と300系、それにランドクルーザーファミリーの弟分「ランドクルーザープラド」も対象として、購入者分析を行った。

    使用データは、市場調査会社のインテージが毎月約70万人から回答を集める、自動車に関する調査「Car-kitR」。

    <分析対象車種・サンプル数>
    ■ランドクルーザー300系:87名
    ■ランドクルーザー200系:143名
    ■ランドクルーザープラド:1134名
    ※いずれも新車購入者のみ

    まずは、ランドクルーザーを新車で購入した人たちは、どれぐらいの出費をもって買っているのか。「値引き前車両本体+オプション価格」を見てみよう。
    結果は、300系:832万円、200系:720万円、プラド:504万円となっていた。

    200系と300系では112万円、約15%アップとなっているが、これはフルモデルチェンジにともなう価格上昇によるところが大きい。
    値引き額は300系、200系ともに30万円程度(購入価格の4%程度)と渋め。値引きをしなくても売れる人気モデルであることが、この点からも見えてくる。

    続いて、購入者の世帯年収データも確認してみよう。
    高額車両だけに、世帯年収1000万円以上の人が300系では、約64%にも達していた(200系は38%)。
    フルモデルチェンジで高級化路線をさらに強めた結果、それに応じる形でターゲットとなる顧客も変わってきていると言える。

    実際、「高級車に乗っているという満足感」があると回答している人は、300系:44%、200系:35%、プラド25%と、300系は特に高い。
    ラグジュアリーさを増した300系の特徴がユーザーにも届いており、その点をポジティブにとらえている顧客が多いことがわかる。

    ■アルファードからの乗り換えが圧倒的

    ここから少し視点を変えて、購入前に乗っていたクルマ(前有車)について見てみよう。

    300系オーナーの前有車のトップ3は、「アルファード」、プラド、200系の順となっており、ランドクルーザーおよびトヨタからの乗り換えが多い。
    200系は、さらに1つ前のモデルである100系、そしてプラド、アルファードと、こちらもランドクルーザーからの乗り換えの多さが目立つ。

    【【自動車】平均購入額は832万円 人気トヨタ「ランクル300」は一体、誰が買っているのか?新車購入者を分析】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 名無し募集中。。。 :2023/01/26(木) 15:52:44.11 .net
    後任の社長は佐藤恒治執行役員


    (出典 i.ytimg.com)

    【トヨタ自動車の豊田章男社長が会長に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 ばーど ★ :2023/01/26(木) 11:11:22.67ID:Wkpems9u
    自動車市場で世界トップのトヨタ自動車が電気自動車(EV)生産体制を独立的に運営することを決めた。エンジンやハイブリッドカーから完全に脱却する方式だ。

    朝日新聞が25日に伝えたところによると、トヨタはEV専用の基本設計で生産効率とコスト競争力を高め、米EVメーカーのテスラなどに対抗する計画だ。トヨタは自動車の骨格となるプラットフォーム(車台)をEV専用に新たに作ることにした。

    自動車メーカーの立場ではプラットフォーム開発に莫大な費用がかかりエンジン車とこれを共有したりもする。トヨタは昨年初のEV専用モデルである「bZ4X」を発売したが、プラットフォームはハイブリッドカーと一部共有している。朝日新聞はEVに必要のない構造も含まれているためテスラより生産に多くのコストがかかると紹介した。

    ◇「トヨタ、EV専用プラットフォーム生産」

    現代(ヒョンデ)自動車グループは5年前から電動化転換を強調しながらEV専用プラットフォームである「E-GMP」を開発し、2021年からE-GMPを使ったモデルである「アイオニック5」(ヒョンデ)と「EV6」(起亜)、「GV60」(ジェネシス)などを発売した。EV専用プラットフォームはエンジンを載せる必要がないためフラットにでき、バッテリーを置くスペースも広くなる。

    現代自動車グループの鄭義宣(チョン・ウィソン)会長は2018年から「エンジン車時代にはわれわれがファーストフォロワーだったが、EV時代は競合メーカーを上回る性能と価値で市場を先導しなければならない」として「ファーストムーバー」(先駆者)戦略を強調した。このような戦略により発売されたアイオニック5とEV6の2つのモデルは米国と欧州などでカー・オブ・ザ・イヤーに選ばれ人気を呼んでいる。

    現代自動車グループは昨年にもE-GMPを基盤とした「アイオニック6」を出し内外で販売拡大にスピードを出している。その結果、昨年には前年より10万台以上多い販売台数を記録し、EV累積販売100万台突破に成功した。現代自動車グループがEV販売を始めてから11年で世界市場で立てた記録だ。

    おかげで昨年欧州主要10カ国でも現代自動車グループは2桁のシェアを記録し、世界の自動車メーカーで4番目に多くのEVを販売した。海外のEV専門メディア「クリーンテクニカ」によると、昨年ドイツなど欧州10カ国でEV販売現況を集計した結果、ヒョンデ・起亜は合計9万6988台を販売してシェア10%となった。グループ別順位ではフォルクスワーゲン、ステランティス、テスラに続く4位だった。

    ◇欧州10カ国でトヨタEVシェア0%台

    EV市場に遅れて進出したトヨタは不振を免れなかった。トヨタは昨年欧州10カ国の市場でシェア0.8%の7554台のEVを売るのにとどまった。米CNBCはトヨタがEV市場で振るわない背景に、充電施設不足と高い価格などを挙げた。CNBCによると20年以上前からハイブリッドカーを生産しバッテリー製造技術まで蓄積してきたトヨタは、核心原料であるリチウムとニッケルの供給が今後5~10年の間円滑でないと予想した。

    ただバッテリー原料問題でEV価格が高騰しても自動車メーカーは大量生産で価格を低くでき、政府補助金も続くという分析もある。消費者がEV使用に慣れれば従来のエンジン車の販売台数とは関係ない新しいブランドが市場を先取りする可能性もある。

    韓国自動車研究院のイ・ハング研究委員は「2030年には米国、欧州、中国でEV販売のシェアが40~50%に達すると予想する。EVは既存のエンジンと違い修理サービスと使用方法が異なるためトヨタがもたついている間に他のメーカーが市場を速く掌握するかもしれない」と予想した。

    中央日報日本語版 2023.01.26 06:49
    https://japanese.joins.com/JArticle/300272?servcode=300§code=320



    【ヒョンデ】現代自動車グループ、EV累積販売100万台突破…欧州10か国で4位 [1/25] [ばーど★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1674636397/


    (出典 img9.yna.co.kr)

    【【EV】欧州でシェア0%台の屈辱…世界1位のトヨタ、「現代自動車戦略」を追いかける】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 生玉子 ★ :2023/01/24(火) 19:52:10.68ID:R/OzGvmR9
     日本のクルマの売れ行きが、'70年代後半と同じ水準まで落ち込んでいる―。そんな衝撃的なニュースが、年初から自動車業界に流れた。'22年の国内新車販売台数は、前年比5.6%減の420万台。前年割れとなるのは4年連続で、東日本大震災が発生して大幅減産となった'11年をも下回り、45年前の水準に戻ってしまった。

     一方で、躍進したのがインドだ。新車販売台数は前年比25.7%増の約473万台に達し、日本を追い越して中国、米国に続く世界3位に浮上。日本が長年守ってきた地位を奪う形となった。

     日本車の販売不振には、半導体不足による減産が大きく影響している。市場ニーズは回復しているが、それに対応できなかったのだ。特に落ち込みが激しかったのがトヨタである。乗用車の販売台数では同社の減少幅が最大で、12%減の約125万台だった。

     ただ、半導体不足は各国共通の事情ではあるものの、'22年の中国の新車販売は2%程度伸びた。GMも米国で新車販売を約3%増やし、トヨタを抜いて首位の座を奪い返した。言い訳が許される状況ではない。

     日本勢の不振の背景には、何があるのか。少子高齢化、若者のクルマ離れ……トヨタをはじめ、国内メーカー関係者の多くは、そうした外的要因を口にする。

    ■「EV」での出遅れ、中国からの「黒船」

     しかし最大のネックが、ついに一般の消費者にも浸透し始め、ガソリンスタンドの廃業が目立つ地方などで本格的にニーズが生まれている電気自動車(EV)で、日本勢が総じて出遅れていることにあるのは、もはや明らかだろう。

     '22年は日本国内でもEVの販売が前年比2.7倍の約5万9000台となり、初めてシェア1%を超えた。最も売れたEVは日産自動車が発売した軽EV「サクラ」の約2万2000台だが、独ベンツや韓国の現代自動車などの輸入EVは、前年比107倍となる約1万4000台売れている。

     トヨタは'22年、初のEV「bZ4X」を発売したものの、わずか1ヵ月でリコールとなった。早くからEVを市場投入してきた日産を除いて、日本の自動車メーカーは大きく後れを取っている。

    全文はソースでご確認ください。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/45a2c6237c638907ae95d45f3bfe80a7ab5f3802


    (出典 image.news.livedoor.com)

    【【車】トヨタが「世界一」から転落、日本の自動車産業の「ヤバすぎる大崩壊」が始まる…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 名無しさん@そうだドライブへ行こう :2023/01/14(土) 00:40:43.74ID:b4G72Svr0
    全国30000人のGRカローラ落ちた人
    GRカローラの代わりの車は何にしますか?

    国産新車で思いつくところ。

    MT絶対!
    シビックタイプR
    GRヤリス
    フェアレディZ
    BRZ,GR86
    ロードスター
    スイスポ

    四駆なら許す
    WRX S4、レヴォーグ

    馬力欲しいよ!
    スカイライン
    レクサスIS

    【GRカローラ落ちた人が代わりの車を探す】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 田杉山脈 ★ :2023/01/10(火) 22:32:16.67ID:YiJeXoYS
    トヨタ自動車は1月10日、新型「プリウス」のHEV(シリーズパラレルハイブリッド車)モデルを発売した。価格は275万円~392万円。

     HEVのモデルラインアップと価格は、直列4気筒 1.8リッターエンジンを搭載する「X」の2WD(FF)モデルが275万円、4WD(E-Four)モデルが297万円、直列4気筒 2.0リッターエンジンを搭載する「G」の2WDが320万円、4WDが342万円、「Z」の2WDが370万円、4WDが392万円。なお、PHEV(プラグインハイブリッド車)モデルは、3月ごろに発売する予定としている。

     新型プリウスは「Hybrid Reborn」をコンセプトに、従来の強みである高い環境性能に加え、「一目惚れするデザイン」と「虜にさせる走り」を兼ね備えたエモーショナルなクルマを目指して開発が行なわれた。

     主な特徴としては、デザインではプリウス独自のアイコンである「モノフォルムシルエット」を引き継ぎながら、より低重心かつスタイリッシュなプロポーションに生まれ変わった。シンプルでありながら抑揚のあるボディ造形は、長く愛されるための「感性に響くエモーション」と「普遍的な美しさ」を表現。「アイランドアーキテクチャー」コンセプトにより、圧迫感のない広々とした空間と運転に集中しやすいコクピットを両立。直感的に操作ができ、ドライビングを楽しめる室内空間とした。

     2.0リッターモデル/1.8リッターモデルとも、最新の「第5世代ハイブリッドシステム」を搭載。2.0リッターモデルは、Zグレード(HEV・2WD、19インチタイヤ装着)で従来型を上まわる低燃費28.6km/Lを達成しつつ、システム最高出力は従来型比1.6倍となる144kW(196PS)を実現。1.8リッターモデルは、改良を重ねつつ、すべての電動モジュールを刷新したことで、KINTOの新サ*クリプションサービス「KINTO Unlimited」で展開するUグレード(HEV・2WD、17インチタイヤ装着)で32.6km/Lの低燃費を達成させた。

     また、第2世代TNGAプラットフォームを開発し、低重心化や大径タイヤの採用を実現。最新のE-Fourの設定や、高出力モーターの採用などにより、雪道をはじめとする低μ路での登坂性能や旋回時の安定性を向上。最新の予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」を標準装備。また、先進安全システムの検知対象を拡大するなど、トヨタブランド初採用となる「後方車両接近告知」「周辺車両接近時サポート(録画機能・通報提案機能)」「セカンダリーコリジョンブレーキ(停車中後突対応)」といった機能を追加した。

     ボディカラーは全8色を設定。うち2色は、スポーティな印象を与えるソリッドカラーベースの「アッシュ」と「マスタード」を新規に開発した。

    (出典 asset.watch.impress.co.jp)

    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1469037.html

    【【自動車】トヨタ、新型「プリウス」発売 HEVの価格275万円~392万円、PHEVは3月ごろ発売予定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 鬼瓦権蔵 ★ :2023/01/16(月) 09:46:49.15 ID:jHxu96vq9.net
    https://news.yahoo.co.jp/articles/aac30d71e4f50e38f2a88eae0cd08f50a2c604ae

    トヨタ新型「プリウス PHEV」

    (出典 kuruma-news.jp)


    (出典 kuruma-news.jp)


    (出典 kuruma-news.jp)



    新型プリウスPHEVは加速がスゴイ!
    2022年11月に世界初公開されたトヨタ新型「プリウス」ですが、ハイブリッド車が2023年1月10日に発売されました。
     
    さらに、プラグインハイブリッドシステムを搭載した新型「プリウス PHEV」に関しては、同年3月頃に発売される予定であることが明らかになっています。

    新型プリウスは「Hybrid Reborn」をコンセプトとし、従来の強みである高い環境性能に加え、「一目惚れするデザイン」と「虜にさせる走り」を兼ね備えたエモーショナルなクルマを目指しました。

    プリウスのアイコンである「モノフォルムシルエット」を引き継ぎながら、第2世代TNGAプラットフォームによる低重心かつスタイリッシュなプロポーションに刷新。
    19インチの大径タイヤ採用など、「感性に響くエモーション」と「普遍的な美しさ」を表現しています。

    また、「アイランドアーキテクチャー」コンセプトにより、圧迫感のない広々とした空間と運転に集中しやすいコックピットを両立。
    直感的に操作ができ、ドライビングを楽しめる室内空間としました。

    パワートレインは、1.8リッター/2リッターハイブリッドに加え、従来型を大幅に上回る加速性能と静粛性を実現した2リッタープラグインハイブリッド(PHEV)をトヨタ初設定。

    なかでもPHEVは高効率のダイナミックフォースエンジンと、高出力の駆動用リチウムイオンバッテリーの組み合わせで、従来モデルと同等の低燃費を維持しつつ、システム最高出力は223馬力(164kW)を達成。
    0-100km/h加速は6.7秒をマーク。トヨタのFRスポーツカー「GR86」の0-100km/h加速6.3秒に迫る、圧倒的な動力性能を実現しています。

    さらに、EV走行距離は従来モデルに比べて50%以上向上。日常生活の大部分をEV走行だけでカバーできるよう、バッテリー性能を向上しました。
    また充電中にパワースイッチをオンにすると、外部電源の電力を利用してエアコンやオーディオの使用が可能になる「マイルームモード」を設定し、もうひとつの部屋のように車内で快適に過ごすことができます。

    加えて、従来モデルではスペースに搭載されていた電池パックを、リアヤシート下部に搭載することで、低重心化と荷室スペースの拡大を実現。PHEVによるスポーティな走りと、利便性の向上を両立しました。

    またPHEVでは、太陽光をより効率よく電気に変える第2世代の「ソーラー充電システム」を設定し、1年間で走行距離約1250km分に相当する電力を生み出します。
    駐車中は発電した電力を駆動用バッテリーに充電し、走行だけでなく、エアコンなどさまざまな機能に電力を供給。
    走行中は、発電した電力で補機バッテリー系統の消費を補うことが可能です。

    ※ ※ ※

    今回、ハイブリッド仕様の新型プリウスの価格が275万円から392万円となることが明らかになっていますが、PHEV仕様の価格については公表されておらず、2023年3月頃の発売時に発表されるものと思われます。

    【【自動車】スポーツカー並みの怒涛の加速! 充電できるトヨタ新型「プリウスPHEV」2023年3月頃発売へ!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 名無し募集中。。。 :2023/01/05(木) 10:32:14.61 0.net
    トヨタの人気クロスオーバーSUV『C-HR』。
    2023年にも登場するとみられる次期モデルの市販直前プロトタイプの姿を、スクープサイト「Spyder7」がキャッチ。その実態にせまる。
    C-HRは世界戦略モデルとして2016年に発売、そろそろフルモデルチェンジの時期と見られる。
    昨年12月には、トヨタの欧州部門がコンセプトカー『C-HRプロローグ』を公開。
    ハイブリッド(HEV)とプラグインハイブリッド(PHEV)が用意されることも示唆している。
    それまでの情報では、トヨタが2022年11月のロサンゼルスモーターショーで公開した『bZコンパクトSUVコンセプト』こそがC-HRの後継モデルと見られていたが、
    C-HRプロローグ、そして今回スクープしたプロトタイプは、2021年12月に公開された『スモールSUEV』の流れを汲んだモデルとなりそうだ。
    コンセプトモデルC-HRプロローグ

    (出典 response.jp)

    トヨタ『C-HR』次期型プロトタイプ(スクープ写真)

    (出典 response.jp)


    (出典 response.jp)


    (出典 response.jp)

    【これがトヨタ『C-HR』次期モデルだ!市販ボディをスクープ、コンセプトとの違いは?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2023/01/14(土) 19:35:19.046 ID:3gyxLIqz0.net
    日本で唯一世界100社企業に入ってるトヨタがやばいけど
    お前らマジでどうすんのこれ?

    【【悲報】トヨタ、純利益激減でガチで終わりへ向かってしまうww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 少考さん ★ :2023/01/14(土) 12:22:22.70 ID:TdFw2/SW9.net
    ※デイリースポーツ

    元テレ朝・富川悠太氏 電気自動車版ハチロク紹介し大はしゃぎ「藤原とうふ店」のロゴに寄せ
    https://www.daily.co.jp/gossip/2023/01/13/0015962482.shtml

    2023.01.13
    https:/i.daily.jp/gossip/2023/01/13/Images/f_15962484.jpg

    テレビ朝日を退社しトヨタに転職した、元「報道ステーション」キャスターの富川悠太氏が13日、インスタグラムを更新。東京オートサロンの模様を伝えた。

     「東京オートサロンが始まりました!目玉はなんと言っても『ハチロク』!!」と切り出し「かつてドリフトや峠ブームをもたらした人気の旧車が、カーボンニュートラル化して登場しました!!水素エンジンハチロクと電気じどう車ハチロク」とつづった。

     ハチロクは、しげの秀一氏の人気コミック「頭文字D」で主人公・藤原拓海が乗りこなした「トヨタスプリンタートレノ」の愛称。作中でのハチロクには拓海の父が経営する「藤原とうふ店」の店名が記されているが、オートサロンでのハチロクには「電気じどう車」とプリントされるなど、遊び心にあふれている。

     フォロワーからは「ハチロクがこんな形で登場してくれて感動しています」という声が寄せられていた

    【【トヨタ・富川悠太氏】「電気じどう車」ハチロク紹介し大はしゃぎ「藤原とうふ店」のロゴに寄せ】の続きを読む

    このページのトップヘ