car life style

新車・中古車等車に関わる情報や自動車に関するニュースを2chからコメントをお借りしてまとめたブログです。

    新車・中古車等車に関わる情報や自動車に関するニュースを2chからコメントをお借りしてまとめたブログです。

    HONDA関連ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 ボラえもん ★ :2022/08/07(日) 10:01:46.20ID:qxUXGX1V9
    日本の大手自動車メーカーとして初の「脱ガソリン宣言」、宇宙ビジネスへの挑戦、そして電気自動車(EV)でのソニーグループとの提携――。
    2021年4月の就任以来、ホンダの三部敏宏社長は矢継ぎ早に大胆な改革を打ち出してきた。
    今をホンダにとっての「第2の創業期」と呼んで社員を鼓舞する背景には「ここで変わらなければホンダはなくなる」というほどの危機感がある。
    ホンダが進む道を三部氏に語ってもらった。

    ■電気自動車(EV)事業で、ソニーグループとの提携を決めました。改めて、この提携に至る経緯や狙いを教えてください。

    三部敏宏ホンダ社長(以下、三部氏):ガソリン車からEVに変わると、ただエンジンを降ろしてバッテリーとモーターを積み込むだけではなく、
    車の価値そのものが変わっていくと思います。数年前からそう考えて、ホンダの中でも色々やってきたのですが、
    なかなか自動車会社の域を出ない、想定を超える面白い話があまり出てこないな、と思うところがありました。

     そのころ、世の中では異業種の組み合わせで新しい価値を生むという話が一般的になっていました。
    そこで、自動車会社じゃないところと組むことによって、殻が破れるかもねという話が出てきたわけです。

    この記事は会員登録で続きをご覧いただけます
    残り4155文字 / 全文4963文字
    https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00492/080100002/


    (出典 article-image-ix.nikkei.com)

    【ホンダ社長、ソニーとのEV新会社「テスラと十分に戦える」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    賛否両論!??ホンダ、「フィット」マイナーチェンジモデルを先行公開 「RS」を新設定!


    ホンダ、「フィット」マイナーチェンジモデルを先行公開 「RS」を新設定!
     ホンダは8月5日、今秋にマイナーチェンジを予定している「フィット」の情報をWebサイトで先行公開しました。スポーティーなデザインと走りの質にこだわ…
    (出典:Fav-Log by ITmedia)


    フィットRS ^ 「Sパッケージ」+15インチアルミホイール+ハイマウントストップランプとのセット装着もしくは「Lパッケージ」、「Sパッケージ」のいずれかとセット装着 ^ 「1.3W」に標準装備、「1.5T」にメーカーオプション ^ 同CMは2014年にも3代目モデル版で放送された。 ^ フィット、フィット
    105キロバイト (13,701 語) - 2022年8月5日 (金) 04:16


    現行モデルは2020年に発売された4代目。マイナーチェンジでは、現行のフィットのコンセプトはそのままに、「BASIC」「HOME」「LUXE」の各グレードはより端正な新デザインに、「CROSSTAR」はよりクロスオーバーらしさを強調したデザインになっています。

    2モーターハイブリッドシステム「e:HEV」は、モーター出力をアップするとともに、アクセルの応答性も向上。よりパワフルな走りを提供するとしています。

    【賛否両論!??ホンダ、「フィット」マイナーチェンジモデルを先行公開 「RS」を新設定!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    フィットRS ^ 「Sパッケージ」+15インチアルミホイール+ハイマウントストップランプとのセット装着もしくは「Lパッケージ」、「Sパッケージ」のいずれかとセット装着 ^ 「1.3W」に標準装備、「1.5T」にメーカーオプション ^ 同CMは2014年にも3代目モデル版で放送された。 ^ フィット、フィット
    105キロバイト (13,701 語) - 2022年8月5日 (金) 04:16

    1 自治郎 ★ :2022/08/05(金) 21:51:43 ID:6VIQBKff9.net
    本田技研工業は2022年8月5日、同年秋にマイナーチェンジを予定しているコンパクトカー「フィット」に関する情報を、公式サイトにて先行公開した。

    今回のマイナーチェンジでは各モデルのデザインを変更。「ベーシック」「ホーム」「リュクス」についてはより端正な、「クロスター」についてはよりクロスオーバーらしさを強調した意匠としたという。

    また、軽快でファッショナブルな仕様とされていた「ネス」を廃止し、代わってスポーティーなデザインと走りの質にこだわったという新モデル「RS」を設定。同車には専用のフロントグリルや前後バンパー、リアスポイラーが装着されるほか、ハイブリッド車「e:HEV」には専用装備として減速セレクター、ドライブモードスイッチが採用される。

    これらのデザイン変更やラインナップの見直しに加え、e:HEVについては全モデルでパワーユニットの改良を実施。モーター出力のアップとアクセルレスポンスの改善により、よりパワフルな走りを実現しているという。(webCG)

    2022.08.05
    https://www.webcg.net/articles/-/46793

    フィットe:HEV RS

    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)

    フィットe:HEV リュクス

    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)

    フィットe:HEV ホーム

    (出典 webcg.ismcdn.jp)

    フィットe:HEV クロスター

    (出典 webcg.ismcdn.jp)

    【ホンダが「フィット」のマイナーチェンジ情報を公開 スポーティーな新モデル「RS」を設定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ホンダが「アルファード」対抗で新型オデッセイ復活へ 中国向け新型「エリシオン」を来年にも国内導入か


    ホンダが「アルファード」対抗で新型オデッセイ復活へ 中国向け新型「エリシオン」を来年にも国内導入か
    …月末に上級ミニバン「オデッセイ」の生産を終了しました。トヨタが上級ミニバン「アルファード」の人気を独占するなか、ホンダに対し復活を要望する声も少なくないといいます。
    (出典:くるまのニュース)


    オデッセイ(ODYSSEY、Odyssey、奥徳賽)は、本田技研工業が1994年から2021年まで生産、1994年から2022年まで販売していた高級ミニバンである。現在は北米や中国などで生産・販売されている。 ホンダが提唱した「クリエイティブ・ムーバー(生活創造車)」の第1弾として1994年に発売
    76キロバイト (10,081 語) - 2022年7月16日 (土) 11:43


    「アルファード」に刺客!? 新型「エリシオン」国内導入を検討か

    【ホンダが「アルファード」対抗で新型オデッセイ復活へ 中国向け新型「エリシオン」を来年にも国内導入か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【スクープ】ホンダ アコード次期型の特許画像がリーク!? 新型シビック風ヘッドライトを装備か?


    ホンダ・ビガー ホンダ・アスコット ホンダ・トルネオ アキュラ・TSX いすゞ・アスカ ホンダアコードクーペ ホンダアコードインスパイア ホンダアコードワゴン ホンダアコードツアラー ホンダアコードユーロR ホンダアコードハイブリッド ホンダアコードプラグインハイブリッド ホンダ・アコードエアロデッキ
    72キロバイト (8,038 語) - 2022年7月28日 (木) 09:59


    流行りはスポーティーライン??

    【【スクープ】ホンダ アコード次期型の特許画像がリーク!? 新型シビック風ヘッドライトを装備か?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    新しいホンダ・シビックTYPE R!!時代に逆らうスポーティー感に話題が高まる!!


    ホンダシビック > ホンダシビックタイプR タイプR > ホンダシビックタイプR シビック タイプR(CIVIC TYPE-R)は、本田技研工業が生産・販売していたハッチバック型、セダン型のスポーツカーである。 NSXタイプR、インテグラタイプRに続く、タイプRシリーズ第3弾である。
    45キロバイト (5,342 語) - 2022年7月21日 (木) 04:35



    【新しいホンダ・シビックTYPE R!!時代に逆らうスポーティー感に話題が高まる!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    電気自動車 (EVからのリダイレクト)
    バイクのハローや、商用車のハイゼットEVなどの市販電気自動車のほか、自治体や特殊法人向けにラガーを改造したEVを少数納入している。 山梨県北杜市では、7月末から電気自動車のモデルゾーン実験を行った。実験ではトヨタ車体(旧アラコ)『コムス』、ゼロスポーツ『ゼロEV
    109キロバイト (15,098 語) - 2022年7月20日 (水) 14:11

    1 蚤の市 ★ :2022/07/21(木) 12:31:11.62ID:ECZAYoQX9
     【北京・坂本信博】生活雑貨店「無印良品」を展開する良品計画とホンダが共同開発した電動自転車が中国で16日に発売され、話題を呼んでいる。1度の充電で65キロ走行可能で最高速度は時速25キロ。自転車大国の中国では近年、運転免許不要でペダルをこがずに自走できる電動自転車が急速に普及しており、日本を代表する企業がお互いのブランド力を生かした異業種連携で巨大市場に挑む。

     商品名は「MS01」。良品計画がデザインを担当し、車体はホンダの中国での自動二輪車生産・販売合弁会社「新大洲本田摩托有限公司(新大洲ホンダ)」が開発・製造した。

     販売価格は4980元(約10万円)。17インチのチューブレスタイヤを使った車体にペダルは付いているが、こがずに電気で自走できる400ワットのモーターと48ボルトのリチウム電池を搭載。LEDヘッドライトと液晶ディスプレー付きで白と黒の2種類がある。

     シンプルなデザインが特徴の「無印良品」は中国の若い世代に人気。MS01も無駄な装飾を排し、人間工学に基づいた実用性重視の車体が特徴だ。新大洲ホンダの二輪車専門店の一部やオンラインで販売し、中国にある無印良品28店舗でも展示している。

     本田技研工業(中国)投資有限公司によると、年間5千台の販売を計画。現時点での販売台数は「大変ご好評をいただいています」と担当者。中国メディアで紹介され、交流サイト(SNS)でも話題を集めている。中国市場向けのため、現時点では中国以外での販売予定はないという。

     中国自転車協会や工業・情報化省によると、国内の電動自転車保有台数は計3億台近くに上り、2021年の販売台数だけで3400万台に達した。19年に電動自転車の新たな安全基準が施行され、買い替え需要が高まっている。

    西日本新聞 2022/7/19 6:00 (2022/7/21 10:35 更新)
    https://www.nishinippon.co.jp/item/n/958664/

    【無印良品とホンダ、中国で電動自転車 1度の充電で65㌔走行可能】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ホンダシビック > ホンダシビックタイプR タイプR > ホンダシビックタイプR シビック タイプR(CIVIC TYPE-R)は、本田技研工業が生産・販売していたハッチバック型、セダン型のスポーツカーである。 NSXタイプR、インテグラタイプRに続く、タイプRシリーズ第3弾である。
    45キロバイト (5,342 語) - 2022年7月21日 (木) 04:35

    1 名無し募集中。。。 :2022/07/21(木) 18:41:51.43
    新型シビック・タイプRは、先代モデルのコンセプトである『Ultimate SPORT』をさらに進化させた『Ultimate SPORT 2.0』をグランドコンセプトとし、速さと走る喜びを極めたピュアスポーツ性能が目指された。
    デザイン面では、2021年秋に発売された11代目シビックをベースに、タイプRとしての走行性能を高めるため、さらにロー&ワイドなパッケージを追求。
    また、広い水平視野角を持った視界とすることで、高車速域においてドライバーに情報がダイレクトに伝わることも目指されている。
    圧倒的な速さと美しさを兼ね備えることが目指されたエクステリアデザインは、ボディーと一体となったワイドフェンダーがサイドパネルから美しく流れるような造形にされ、さらにフロントからリヤに抜ける空気の流れをコントロールすることで空力性能が向上。
    エクステリアカラーには、タイプRの象徴カラーである“チャンピオンシップホワイト”に加え、新色として“ソニックグレー・パール”も追加された。

    (出典 cdn-image.as-web.jp)


    (出典 cdn-image.as-web.jp)


    (出典 cdn-image.as-web.jp)


    (出典 cdn-image.as-web.jp)

    【ホンダ新型『シビック・タイプR』を世界初公開。FF最速の圧倒的な速さ、究極の操る喜びを追求】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ホンダ・シビック > ホンダ・シビックタイプR タイプR > ホンダ・シビックタイプR シビック タイプR(CIVIC TYPE-R)は、本田技研工業が生産・販売していたハッチバック型、セダン型のスポーツカーである。 NSXタイプR、インテグラタイプRに続く、タイプRシリーズ第3弾である。
    45キロバイト (5,342 語) - 2022年7月21日 (木) 04:35

    1 朝一から閉店までφ ★ :2022/07/21(木) 18:42:12.87ID:Rd3PiL3T9
    2022年7月21日(木)12時00分

    7月21日、ようやくヴェールを脱いだホンダの新型『シビックタイプR』。ご存知の通り、深紅の地をもつHエンブレムは、シビックそしてタイプRという単一車種やモデルにとどまらない。
    むしろエンブレムの起源をたどればRA272という60年代のF1マシン、さらには1992年の初代『NSXタイプR』、1995年の『インテグラタイプR』に遡る。

    シビックにタイプRが設定されるのは、1998年の『アコードタイプR』に1年先立つ1997年のことで、ホンダのラインナップ内ではむしろ後発の側だ。
    折からのスポーツモデル熱、そしてホットハッチというジャンルに対する人気の高まりもあって、以来、シビックのタイプRは5世代を数え、FL型と呼ばれる今次のシビックのタイプRが6世代目にあたる。

    https://response.jp/article/2022/07/21/359923.html

    【【ホンダ シビックタイプR 新型】「修行のような過程でした」開発責任者が語る、数値ではないフィールの追求とは】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2022/07/14(木) 23:34:32.780ID:9PGhIMAb0

    なんだっけこの… SUV?

    【ホンダさんがどこかで見たようなSUVを発売するらしい】の続きを読む

    このページのトップヘ