car life style

自動車に関するニュースや新車・中古車等車に関わる情報を2chからコメントをお借りしてまとめたブログです。

    新車・中古車等車に関わる情報や自動車に関するニュースを2chからコメントをお借りしてまとめたブログです。

    NISSANニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    EVの普及が進んでいる中、電気料金の高騰には困惑しますね。日産の料金改定は少し残念ですが、仕方がないですかね。

    1 へっぽこ立て子@エリオット ★ :2023/05/18(木) 16:40:13.07ID:ledVTT2q

    (出典 response.jp)

    日産リーフ(参考画像)

    (出典 response.jp)

    日産ゼロ・エミッションサポートプログラム3(新料金)

    (出典 response.jp)

    日産ゼロ・エミッションサポートプログラム3(現行料金)

    日産自動車は、電気自動車(EV)オーナー向けの「日産ゼロ・エミッションサポートプログラム3」(ZESP3)の利用料金を9月1日より改定し、日産EVオーナー専用サービスとしてリニューアルすると発表した。

    ZESP3は、日産販売店舗および高速道路SAやコンビニ等に設置された、e-モビリティパワーが運営する急速充電器・普通充電器を利用するための充電サポートプログラム。現在、全国で約7900基の急速充電器を含む、約2万基の充電器を利用できる。今回、充電料金の課金単位を従来の10分単位から1分単位へ変更するとともに、昨今の電気料金高騰の影響に伴い、料金を改定する。

    プランは従来通りの4種類を用意する。月額料金急速充電100分相当が含まれる「プレミアム100」が4400円、同200分相当の「プレミアム200」が6600円、同400分相当の「プレミアム400」が1万1000円。急速充電の未使用分は翌月まで繰越可能。すべて従量制の「シンプルプラン」のみ550円から1100円へ値上がりとなる。

    ただし、プレミアムプランで利用無制限としていた普通充電は月間600分まで、それ以上は3.3円/分に変更。急速充電の追加料金もプレミアム100が44円/分(旧料金38.5円)、プレミアム200が38.5円/分(同33円)、プレミアム400が33円/分(同27.5円)、シンプルプランが99円/分(同55円)に値上がりとなる。さらに毎月1650円安くなる「3年定期契約」の新規申込受付も5月31日で終了となる。

    なお、ZESP3各プラン共通のサービスとして、レンタカー利用の際に基本料金が最大50%割引となる「日産レンタカー割引サービス」、電欠時のレスキューコールや費用補償を行う「エマージェンシーサポート」は継続して提供する。

    □日産自動車、「日産ゼロ・エミッションサポートプログラム3」のサービス内容を改定 - 日産自動車ニュースルーム
    https://global.nissannews.com/ja-JP/releases/release-33edc71f3a72a841a38960aa7304ed8b-230517-02-j

    2023年5月18日(木)14時30分
    レスポンス(Response.jp) -
    https://response.jp/article/2023/05/18/371096.html

    【電気料金高騰で困っているEVオーナーに朗報?日産が充電サポートプログラムを見直し】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2023/04/27(木) 13:01:49.166 ID:jMdEKAe50.net
    EV乗るとガソリン車は乗れなくなるわ

    【EV乗ってるけどサブ用のガソリン車の軽もEVにしようと思う】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 自治郎 ★ :2023/04/19(水) 22:50:14.62 ID:pKclaRLS9.net
    日産自動車は2023年4月17日、軽乗用車「ルークス」をマイナーチェンジし、同年6月下旬に発売すると発表した。

    ■新デザインの「Vモーション」を採用

    日産ルークスは、広々とした車内空間を特徴とする軽スーパーハイトワゴンである。今回のマイナーチェンジはデザインの変更と装備の拡充が主となっている。

    具体的には、エクステリアではフロントグリルに新型「セレナ」などにも通じる、新時代の「Vモーション」を採用。標準車ではヘッドランプとグリルを一体化し、立体感を持たせたデザインとした。一方「ハイウェイスター」シリーズでは、よりワイドな「デジタルVモーション」とバンパーを組み合わせ、イメージの差異化を図っている。

    一方インテリアは、インストゥルメントパネル、ドアトリム、シート地に新しいカラーを採用。特に「ハイウェイスターGターボ」「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション」では、カシス色のアクセントステッチが印象的なレザー調のインストパネルを配置し、洗練された上質なデザインを演出しているという。

    機能・装備の拡充も図っており、後方視界がさえぎられるようなシーンや悪天候などでもクリアな視界を確保する「インテリジェント ルームミラー」を新たに採用。「LEDヘッドランプ」「ディスプレイ付自動防眩(ぼうげん)式ルームミラー」を全車標準装備とした。さらに、これまでメーカーオプションだった「快適パック」(プラズマクラスター技術搭載リアシーリングファン、パーソナルテーブル、カップホルダー、USBソケット、ロールサンシェード、はっ水加工シート<合皮シート装着車は除く>)をハイウェイスターシリーズに標準装備。ヒーター付きの本革巻きステアリングホイールを、4WD車に標準で、FF車にオプションで採用した。

    また今回のマイナーチェンジに伴い、フロントと車室内の2カメラ式の「日産純正オリジナルドライブレコーダー」も、新規に販売が開始されるという。…

    (中略、詳細はソースでご確認下さい)

    価格は163万7900円から231万6600円。(webCG)

    2023.04.17
    https://www.webcg.net/articles/-/48128

    関連記事
    「日産ルークス」の特別仕様車「ハイウェイスター アーバンクロム」がマイナーチェンジ
    https://www.webcg.net/articles/-/48129


    (出典 img1.kakaku.k-img.com)

    【デザイン刷新! 日産の軽スーパーハイトワゴン「ルークス」がマイナーチェンジ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 自治郎 ★ :2023/04/13(木) 20:16:43.18 ID:Zo7hK81/9.net
    日産自動車は2023年4月13日、ミニバン「セレナ」の「e-POWER」搭載車を同年4月20日に発売すると発表した。6代目となる最新のセレナは2022年11月28日に登場。ガソリンエンジン搭載車が先に販売された。

    新型セレナのe-POWER車は、同年2月の注文受け付け開始から現在までに、受注台数が2万台を突破。このペースは先代モデルよりも大幅に早いもので、新型セレナの受注のうちe-POWER車が約60%以上を占めるという。さらに今回、セレナとして1991年に初代モデルが発売されて以降、国内での累計販売台数が200万台に到達したこともアナウンスされた。

    e-POWER車に搭載されるのは、新開発の1.4リッター直3エンジンと発電用および走行用モーターを組み合わせた第2世代のe-POWERで、よりパワフルで気持ちのいい加速や高い静粛性を実現。カスタムカー「AUTECH」や、幅広いニーズに対応する福祉車両、車中泊仕様車「マルチベッド」などの特装車にも幅広くe-POWER車がラインナップされている。

    新型セレナのe-POWER車では、約15%が6代目モデルに新設定された最上位グレード「LUXION(ルキシオン)」になるという。外板色は「プリズムホワイト」が1番の人気カラーで、「ダイヤモンド*」が次に続く。2トーンカラーでは「プリズムホワイト/スーパー*」が人気を集めている。

    また、日産は金融子会社である日産フィナンシャルサービスと、パートナーの損害保険ジャパンが共同開発した車両搭載のテレマティクス技術を活用する自動車保険プラン「日産カーライフ保険プラン つながるあんしんプラス」を、セレナe-POWERより本格導入する。これは、日産カーライフ保険プランが提供する従来内容に、「安全運転アシストサービス」と「緊急対応トータルサポート」という2つを加えた新たな保険サービスである。

    安全運転アシストサービスは、テレマティクス技術により車両から取得した走行データに基づき、運転挙動などをスコア化することで安全運転に対する意識を高めると共に、スコア結果によって保険料が割引になるというもの。緊急対応トータルサポートは、万が一の事故の際に緊急対応(救援機関への連絡)からレッカー手配、保険会社への事故報告までが一貫性をもってサポートされる。

    セレナe-POWERの価格は319万8800円~479万8200円。(webCG)

    2023.04.13
    https://www.webcg.net/articles/-/48070


    (出典 img1.kakaku.k-img.com)

    【日産が「セレナe-POWER」を発売 すでに受注台数は2万台を突破】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 それでも動く名無し :2023/04/10(月) 14:31:48.03ID:+xXKNvrdr

    【【朗報】日産から新型FRスポーツ 価格は177万円から】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 それでも動く名無し :2023/04/11(火) 09:30:20.09ID:tfC2PvOCa
    エントリーグレードでも350万~という圧倒的良心的価格に!!!!


    注文受付を一時停止していた「エクストレイル」*1、「キックス」、「AD」は、世界的な原材料費や物流費などの高騰を鑑み、下表の通り価格を改定し、本日4月10日より注文受付を再開いたします。また、「エルグランド」、「キャラバン」、および各モデルの特装車*2においても価格を改定し、本日より発売いたします。ん
    https://global.nissannews.com/ja-JP/releases/release-59fdaa4ff6320fc49d0908ab722aad61-230410-01-j


    (出典 webcg.ismcdn.jp)

    【【朗報】日産の新型エクストレイルさん、装備そのままに価格を15~30万円アップして新登場!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 風吹けば名無し :2023/03/29(水) 20:51:12.75 ID:Brj9URkz0NIKU.net

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)

    カローラクロスと同じサイズ
    イギリスで300万で売ってる

    日本で売らないのはなぜ?

    【【画像】日本で発売したら絶対売れる車www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 自治郎 ★ :2023/03/29(水) 23:36:39.66 ID:jEWA97DC9.net
    日産自動車は2023年3月28日、R32型「スカイラインGT-R」をベースに、同社の最新電動化技術を織り込んだ「R32 GT-R EVコンバージョンコンセプトモデル」の製作を開始すると発表した。

    日産は今回のプロジェクトについて、「日産には『GT-R』や『フェアレディZ』」などが持つ“走り”や“運転の楽しさ”そして“パワフルなエンジン”の魅力に憧れ、情熱を持って入社した多くの技術者がおり、現在そうした技術者は入社当時と同じ情熱で最新の電動化技術の研究を行い、より安全でワクワクするドライビング体験を世の中に届けるためにクルマづくりにまい進している。このプロジェクトは、そんな技術者の“最高に好きなクルマに、今、自分が最高と思う技術を掛け合わせたら、世の中の人がもっとワクワクするクルマをつくれるのではないか”という思いをきっかけに発想された」と説明している。

    ベースとする車両には、日産の技術者が愛し国内外の数々のレースで勝利を収め、今もなお世界中のファンから高い支持を得ている「R32型スカイラインGT-R」を選択。そこに日産の最新電動化技術を織り込むことで、世界に1台のEVコンバージョン コンセプトモデルを製作する。

    日産は、最先端のEV技術をR32型GT-Rに搭載するEVコンバージョンモデルを通じて、「EVならではのワクワクする運転体験や魅力をお伝えしたい」とコメントしている。この取り組みの様子は、日産公式Twitter等で作業や進捗(しんちょく)状況を含めて随時発信される。(webCG)

    2023.03.29
    https://www.webcg.net/articles/-/47993

    スカイラインGT-R(R32型)

    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)

    【日産がR32型「スカイラインGT-R」のEVコンバージョンプロジェクトを開始】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 ラミブジン(愛知県) [JP] :2023/03/29(水) 22:15:27.59ID:wpg7l++10●

    日産、急なアクセル操作を検知し加速を抑制する「後付け急加速抑制アシスト」 既販のEVおよびe-POWER車に装着可能
    2023年3月29日 16:02 Car Watch

    2023年3月29日 発売 7400円(取り付け費用含む)

    日産自動車は3月29日、低速走行時におけるアクセルペダルの踏み過ぎや踏み間違いによる急なアクセル操作を検知し、加速を抑制する後付け装置「後付け急加速抑制アシスト」を発売した。
    同装置は既販のEVおよびe-POWER車への装着が可能で、「ノート e-POWER」(E12)への適用を皮切りに順次対象車種を拡大するとのこと。
    価格は取り付け費用込みで7400円だが、車種や仕様により追加費用(部品代・取り付け費)が必要な場合がある。

    今回発売した後付け急加速抑制アシストは、障害物の有無に関わらず車速が約30km/h以下での低速走行時において、
    アクセルペダルの踏み過ぎや踏み間違いによる急なアクセル操作を検知し、加速を抑制する技術。
    踏み間違いによる思わぬ事故の抑止や、被害軽減を目的としている。

    また、加速を抑制するのと同時に、ブザーの音(前進時のみ)とメーターパネル内の出力制限表示灯(カメのマーク)を点灯させることにより、自身の急なアクセル操作を認知させ、ブレーキ操作を促す。

    なお、抑制機能が作動しない主なケースとしては、車線合流や車線変更などで約30km/h以下から加速が必要な場面では、ウィンカーを出しているときは抑制の機能は作動せず、普段通りに加速する。
    また、急な上り坂での発進時や加速時には抑制の機能は作動しないほか、ブレーキペダルを踏んでの停車状態からペダルを離し、約2秒以内にアクセルペダルを踏んだ時は普段通りに加速するとのこと。

    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1489342.html

    日産自動車株式会社


    (出典 Youtube)



    (出典 img.youtube.com)

    【日産、アクセルを強く踏んだら加速しないシステム。これで勝つる!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 ホスアンプレナビルカルシウム(茸) [ZA] :2023/03/26(日) 10:57:08.28ID://ig/j3O0●
    https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/aura.html

    https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/aura/performance_safety/propilot.html

    プロパイロット(ナビリンク機能付)[メーカーオプション]
    高速道路の運転がより快適に
    運転操作をサポートしてもらえる。高速道路でのドライブが、うんとラクになる。


    (出典 www2.nissan.co.jp)

    【日産オーラオーナーさん「高速でプロパイロット信用したらこうなりました。この車カスやん」】の続きを読む

    このページのトップヘ