car life style

新車・中古車等車に関わる情報や自動車に関するニュースを2chからコメントをお借りしてまとめたブログです。

    新車・中古車等車に関わる情報や自動車に関するニュースを2chからコメントをお借りしてまとめたブログです。

    4WD及びSUV情報

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    角目4灯のトヨタ「ハイラックス」爆誕! TOYOTAロゴ採用の光岡「バディ」並デザイン! アメ車感「ハンパない」

    角目4灯のトヨタ「ハイラックス」爆誕! TOYOTAロゴ採用の光岡「バディ」並デザイン! アメ車感「ハンパない」クルマの正体とは
    …ネオクラシックの代表例ともいえるのが、2021年に発売され大ヒットとなった光岡自動車「バディ」。  バディはトヨタ「RAV4」をベースに、バンパー、グリル、ボンネット…
    (出典:くるまのニュース)


    バディ(Buddy )は、光岡自動車が市販車の5代目トヨタ・RAV4をベースに改造・販売するクラシカルな外観を持ったクロスオーバーSUV型のパイクカーである。 ベース車両は5代目トヨタ・RAV4であり、2代目中期型シボレー・ブレイザーをデザインモチーフにフロントバンパーを含むノーズ部分、およびリア
    5キロバイト (524 語) - 2022年6月23日 (木) 06:49



    【角目4灯のトヨタ「ハイラックス」爆誕! TOYOTAロゴ採用の光岡「バディ」並デザイン! アメ車感「ハンパない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    突き詰めることで、コンセプトである「我が意走り」徹底的に追求し、C-HRならでは「味付け」がされている。加えて発売直前ニュルブルクリンク24時間レースにおいて試作車をレース仕様に仕立てた「C-HR Racing」投入するという試みもされ、発売
    52キロバイト (7,006 語) - 2022年8月5日 (金) 07:04

    1 自治郎 ★ :2022/08/05(金) 21:57:57.89ID:6VIQBKff9
    トヨタ自動車は2022年8月5日、コンパクトクロスオーバー「C-HR」の特別仕様車「G“Mode-Nero Safety Plus III”(G“モード ネロ セーフティープラスIII”)」「G-T“Mode-Nero Safety Plus III”(G-T“モード ネロ セーフティープラスIII”)」を、同年8月29日に発売すると発表した。

    今回の特別仕様車は、ハイブリッド車「G」と1.2リッター直4ターボ車「G-T」がベース。ともに、*でコーディネートされた外装や装備、専用シートの採用などが特徴で、安全装備の充実も図られている。

    主な特別装備は以下のとおり。

    ・特別色「イナズマスパーキング*ガラスフレーク」のボディーカラー
    ・ブラウンの差し色やベージュのステッチを施した専用シート表皮
    ・マット*塗装とダークスモークメッキナットの18インチアルミホイール
    ・*エクステンション加飾のBi-Beam LEDヘッドランプ
    ・パノラミックビューモニター
    ・パーキングサポートブレーキ(前後方静止物・後方接近車両) 

    価格は272万5000円から305万5000円。(webCG)

    2022.08.05
    https://www.webcg.net/articles/-/46800

    C-HR G-T“Mode-Nero Safety Plus III”(G-T“モード ネロ セーフティープラスIII”)

    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)

    C-HR G“Mode-Nero Safety Plus III”(G“モード ネロ セーフティープラスIII”)

    (出典 webcg.ismcdn.jp)

    【トヨタがこだわりのブラックで仕立てた「C-HR」の特別仕様車を発売】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ロッキー(ROCKY)は、ダイハツ工業が製造・販売する小型SUVタイプの自動車である。 2代目モデルは当時流行のライトクロカンとして1990年6月に発売され、日本国内では1997年4月までの約6年10ヶ月間、海外では2002年までの約12年間発売された。 その後海外での販売終了から約17年間のブラ
    32キロバイト (3,525 語) - 2022年8月1日 (月) 18:50

    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2022/08/03(水) 18:30:02 ID:/zEqX9cyp.net
    【【画像】ダイハツのSUV、普通にかっこいいwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    行安定性や静粛性も重視され、欧州ではサブネームである「プラド」を称せず「ランクルーザー」として販売されていた。 4代目(150系)では、KDSSやマルチテレインセレクトなどの電子デバイスを最上位グレードだけに搭載し、ライトデューティなランクルの悪路走破性をイメージするものとなった。しかしシートは
    54キロバイト (6,347 語) - 2022年8月1日 (月) 05:12

    1 自治郎 ★ :2022/08/01(月) 23:31:14 ID:FEti/or89.net
    トヨタ自動車は2022年8月1日、SUV「ランドクルーザー プラド」に特別仕様車「TX“Lパッケージ・マット*エディション”」を設定し、同日、販売を開始した。

    トヨタ・ランドクルーザーTX“Lパッケージ・マット*エディション”は、中間グレード「TX“Lパッケージ”」をベースに、エクステリアの各所を*で統一したモデルである。

    具体的には、ラジエーターグリル、ヘッドランプガーニッシュ、フォグランプベゼル、18インチアルミホイール、バックドアガーニッシュがマット*で塗装されている。

    価格は、ガソリン車の5人乗りが430万円、同7人乗りが445万8000円、ディーゼル車の5人乗りが496万円、同7人乗りが511万8000円。(webCG)

    2022.08.01
    https://www.webcg.net/articles/-/46767

    ランドクルーザー TX “Lパッケージ・マット*エディション”

    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)

    【トヨタ・「ランドクルーザー プラド」にブラックのアクセントが目を引く特別仕様車登場】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    もしジムニーシエラに5ドアが登場したら…


    海外で目撃例続出! ジムニー5ドア出せば売れる!! それは分かる!!! それでも出せない事情と解決への困難な道
    …る。「もしジムニーシエラに5ドアが登場したら…」といううわさはいまだに絶えない。  そんななか、先日インターネット上にジムニーシエラ5ドア試作車の写真…
    (出典:ベストカーWeb)


    ジムニー(Jimny)は、スズキ(1990年9月以前は鈴木自動車工業)が1970年(昭和45年)から市販している軽自動車のオフロード四輪駆動車である。通常「ジムニー」は軽自動車モデルを指すが、当項目では普通自動車登録であるジムニーシエラ、ジムニーワイド等についても併記する。
    113キロバイト (13,791 語) - 2022年7月19日 (火) 13:49



    【もしジムニーシエラに5ドアが登場したら…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    現代自動車 (ヒョンデ自動車からのリダイレクト)
    現代自動車(ヒョンデじどうしゃ〈ハングル: 현대자동차; ハンチャ: 現代自動車; RR: Hyeondae Jadongcha  発音を試聴〉、通称 ヒョンデ〈英: Hyundai, ハングル: 현대; ハンチャ: 現代; RR: Hyeondae, IPA: [ˈhjəːndɛ]〉; KRX:
    94キロバイト (12,333 語) - 2022年7月26日 (火) 09:17

    1 LingLing ★ :2022/08/01(月) 20:16:22.02ID:CAP_USER
    ヒョンデ初の軽SUV「キャスパー」…「エアコン・電熱線つければ車が振動」

    (出典 japanese.joins.com)

    ヒョンデ初の軽SUV「キャスパー」 [写真=ヒョンデ]

    ヒョンデ(現代自動車)の初の軽SUV「キャスパー」に関する消費者の不具合申告が続いている。

    業界によると、国土交通部傘下の自動車リコールセンターには29日までにキャスパーに欠陥があるという申告が94件も入った。主にエアコンをつけた状態でリアガラスの電熱線をつければ車の振動が激しくなるという内容だ。自動車リコールセンターはまだ製作欠陥調査には着手せず、不具合申告をモニタリングする段階という。

    キャスパーオンライン同好会にも先月から「エアコンをつけると車ががたがたと振動する」という内容の掲示文が数十件ほど載せられている。

    ヒョンデ関係者は「不具合申告の内容を確認中」と明らかにした。昨年9月からオンラインで販売されているキャスパーは最初の4カ月間に1万台、今年上半期には2万3000台が売れた。

    https://japanese.joins.com/JArticle/293800

    【【現代自動車】 ヒョンデ初の軽SUV「キャスパー」…「エアコン・電熱線つければ車が振動」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    中国からの「黒船EV」が日本で乗り越えるべき壁、300万円台でSUVを投入、販売拠点も100カ所展開

    中国からの「黒船EV」が日本で乗り越えるべき壁、300万円台でSUVを投入、販売拠点も100カ所展開
    …おいて販売台数は世界首位。台数規模でいうと、同時期に世界販売約55万台だった国内メーカーのマツダに近い。 ■一気通貫の車両開発体制が強みに  BYD…
    (出典:東洋経済オンライン)


    福島マツダ 北関東マツダ 甲信マツダ 関東マツダ 静岡マツダ 東海マツダ販売 北陸マツダ 京滋マツダ 関西マツダ 西四国マツダ 九州マツダ 南九州マツダ 沖縄マツダ販売 マツダモーターオブアメリカ, Inc. マツダカナダ Inc. マツダモトールデメヒコS. de R.L. de C.V. マツダセルヴィシオスデメヒコS
    218キロバイト (28,401 語) - 2022年7月24日 (日) 19:13


    世の中EVは増えるとは思いますが
    電力不足になり発電量が増えて本末転倒ですね。
    世界のメーカーは日本車のハイブリッド叩きですね。
    最後にはハイブリッド車だと思います。

    【中国からの「黒船EV」が日本で乗り越えるべき壁、300万円台でSUVを投入、販売拠点も100カ所展開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    スポーツ・ユーティリティ・ビークル > クロスオーバーSUV クロスオーバーSUVとは、自動車のカテゴリのひとつである。略称はCUV(Crossover Utility Vehicle)またはXUV。本記事ではCUVを用いる。 舗装路での性能を重視したSUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)。SUV
    43キロバイト (5,070 語) - 2022年7月15日 (金) 05:48

    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2022/07/26(火) 15:52:04.204ID:kF68Get50
    絶対後悔してるだろ

    【国産suvでハリアー以外買う奴って何考えてるん?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    VWの人気コンパクト・クーペSUV日本上陸!新型【Tロック】の質感がやばいと話題に!!

    【VW Tロック 改良新型】進化したコンパクトSUV、インテリアの質感向上[詳細写真]
    …フォルクスワーゲンジャパンは、クロスオーバーSUV『Tロック』をマイナーチェンジし、7月25日より販売を開始した。 今回のマイナーチェンジでは、イン…
    (出典:レスポンス)


    フォルクスワーゲン (VWからのリダイレクト)
    005年(平成17年)に「ヤナセヴィークルワールド」を立ち上げ、VW車の販売を再開した。 2009年(平成21年)12月にはスズキとの包括的提携を発表し、VW側はスズキの発行済株式の19.9 %を取得する一方で、スズキ側もVW株を「VWがスズキ株式の取得に投じた金額の2分の1を限度として」取得するほか、ハイブリッド車等の開発でも提携する
    75キロバイト (10,200 語) - 2022年6月26日 (日) 14:17



    【VWの人気コンパクト・クーペSUV日本上陸!新型【Tロック】の質感がやばいと話題に!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 風吹けば名無し :2022/06/25(土) 17:09:35.07ID:BRxAYmPm0
    『一番個性的なSUV→クロスビ』
    『一番高級感のあるSUV→プラド』
    『一番普通なSUV→ヴェゼル』
    『一番カッコイイSUV→CHR』
    『一番キショイSUV→CXシリーズ』






    あくまでも『エクステリア』の話な?
    大体異論ないやろ?

    【『一番SUVらしいSUV→ライズ』、『一番セダンっぽいSUV→ハリア』『一番かわいいSUV→ジムニ』】の続きを読む

    このページのトップヘ