car life style

新車・中古車等車に関わる情報や自動車に関するニュースを2chからコメントをお借りしてまとめたブログです。

    新車・中古車等車に関わる情報や自動車に関するニュースを2chからコメントをお借りしてまとめたブログです。

    BMW

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    BMWの最新動向「ニュー7シリーズから見る自動化の真の進化」


    BMWの最新動向「ニュー7シリーズから見る自動化の真の進化」
    …空飛ぶ絨毯を思わせる快適な乗り味国内でも受注が始まったBMWの最上級ラグジュアリーセダンの7シリーズ。その量産試作のi7プロトタイプモデルをドイツ ミュ…
    (出典:Webモーターマガジン)


    7シリーズ(英語名: 7 Series、ドイツ語名: 7er)は、ドイツの自動車メーカー、BMWが製造・販売している大型高級セダンである。 前身は大型セダンのE3系である。 他のライバルの多くがショーファードリヴンカー(オーナーは後席に座り、専従の運転手がハンドルを握る)としての性格を強く持つ中、7
    32キロバイト (2,469 語) - 2022年5月14日 (土) 06:59



    【BMWの最新動向「ニュー7シリーズから見る自動化の真の進化」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    BMWのエンジン型式一覧 ドイツ車 ユーロNCAP フォーミュラ・BMW BMW選手権・BMW PGA選手権・BMW女子選手権・BMWインターナショナル・オープン・BMWマスターズ BMWヴェルト BMW JAPAN BMW Japan (@bmwjapan) - Facebook BMW Japan
    55キロバイト (6,462 語) - 2022年5月27日 (金) 05:30
    【筆者コメント】
    現行型ではないのですね。

    1 トリトン(愛知県) [EU]

    BMW5万2千台リコール エンジンの部品に不具合
    2022/6/13 17:55 共同通信社

    BMW日本法人は13日、エンジンの部品に不具合があるとして「BMW 323i」や「BMW 525i」など21車種、
    計5万2527台(2004年10月~11年9月生産)のリコールを国土交通省に届け出た。

    国交省によると、燃料と空気の混合気を加熱する部品がショートして異常発熱し、最悪の場合、火災に至る恐れがある。
    これまで4件の不具合が報告されている。

    https://www.47news.jp/news/7910166.html

    (出典 response.jp)


    公式
    外-3426 ブローバイヒーターのプラスチック製造が不適切なため正温度特性…
    https://www.bmw.co.jp/ja/topics/service-and-accessory/service/recall-info/recall-info-list.html

    【BMW、5万台リコール。ブローバイガスヒーターが異常加熱し、火災のおそれ。 [896590257]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    BMWのエンジン型式一覧 ドイツ車 ユーロNCAP フォーミュラ・BMW BMW選手権・BMW PGA選手権・BMW女子選手権・BMWインターナショナル・オープン・BMWマスターズ BMWヴェルト BMW JAPAN BMW Japan (@bmwjapan) - Facebook BMW Japan
    55キロバイト (6,462 語) - 2022年5月18日 (水) 08:06
    V8エンジンとモーターで650PS/800Nmを発生

    1 名無しさん@そうだドライブへ行こう

    BMWは5月16日(現地時間)、Mハイブリッド・ドライブ・システムと、専用のMサスペンションテクノロジを統合し、卓越したダイナミックなドライビング体験を提供するBMW M社初のプラグインハイブリッドモデルである新型「XM」の最終テストが間もなく完了すると発表した。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=640&h=640&exp=10800


    【BMW M、初のプラグインハイブリッドモデル新型!【「XM」の最終テスト実施 2022年末デビュー予定か?】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    BMWのエンジン型式一覧 ドイツ車 ユーロNCAP フォーミュラ・BMW BMW選手権・BMW PGA選手権・BMW女子選手権・BMWインターナショナル・オープン・BMWマスターズ BMWヴェルト BMW JAPAN BMW Japan (@bmwjapan) - Facebook BMW Japan
    55キロバイト (6,462 語) - 2022年5月1日 (日) 07:40
    BMWグループ(BMW Group)は5月5日、2022年第1四半期(1~3月)の決算を発表した。
    およそ3.6倍の増益を達成している。

    1 774RR

    発表によると、MINIやロールスロイスを含めたグループ全体の総売上高は、311億4200万ユーロ(約4兆2855億円)。前年同期の267億7800万ユーロに対して、16.3%増と3年連続で前年実績を上回った。

    また、第1四半期の純利益は、101億8500万ユーロ(約1兆4015億円)。前年同期の28億3300万ユーロに対して、およそ3.6倍の増益を達成している。


    (出典 image.ennori.jp)


    【BMWグループ、純利益は約3.6倍に 2022年第1四半期決算】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    M6グランクーペ F06 M8クーペ F92 M8カブリオレ F91 M8グランクーペ F93 Mロードスター E36/7 (Z3) E85 (Z4) Mクーペ E36/8 (Z3) E86 (Z4) X3M F97 X4M F98 X5M E70 F85 F95 X6M E71 F86 F96
    7キロバイト (692 語) - 2022年2月7日 (月) 20:10
    純粋に欲しい・・🥺

    1 774RR

    BMWは現在ミッドサイズ・クロスオーバークーペSUV『X6』ファミリー改良新型を開発しているが、その頂点に君臨する最強モデル『X6M』の市販型プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?exp=10800


    【目元キリッと鋭く進化、BMWの最強クーペSUV『X6M』大幅マイチェン】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    BMW 4シリーズは、ドイツの自動車メーカー・BMWが製造・販売している乗用車である。 クーペモデル(F32)、リトラクタブルハードトップを持つカブリオレ(F33)、エクステリアを見直して4ドアモデルとしたグランクーペ(F36)、BMW MがチューニングしたM4(F82/F83)がある。
    13キロバイト (1,211 語) - 2022年5月1日 (日) 08:30
    スポーティでエレガントなデザインと高い運動性能を持つ『BMW 4シリーズクーペ』をベースとし、4ドアの優れた機能性を融合した『BMW 4シリーズ・グランクーペ』に、高い環境性能を実現する2.0L直列4気筒クリーン・ディーゼル・エンジンを搭載した『BMW 420d xDriveグランクーペ(ヨンニーマルディー・エックスドライブ)』が登場。

    1 774RR

    ベーシックモデルの420iや、4輪駆動のxDriveを採用するM440iに加え、1回の充電で590km(欧州仕様値)の長距離走行を可能とした電気自動車『BMW i4(アイフォー)』などを取り揃える『BMW 4シリーズ・グランクーペ』だが、従来のラインアップに追加された今回のモデルは、最高出力190PS/4000rpm、最大トルク400Nm/1750-2500rpmを発揮する高効率な2.0L直列4気筒BMWツインパワー・ターボ・ディーゼルを搭載した、クリーンディーゼルモデルだ。


    (出典 www.webcg.net)


    【BMW、クリーンディーゼル搭載の4シリーズ・グランクーペ『420d xDrive』を追加設定】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加

    BMW M GmbH(ビーエムダブリュー・エム)はドイツの自動車メーカー・BMWの研究開発などを担当するグループ会社である。 前身はBMWモータースポーツ社で、主にモータースポーツ関連の研究開発、モータースポーツ用車両の生産を行っていたが、現在は高性能スポーツモデルであるM
    7キロバイト (710 語) - 2022年2月6日 (日) 09:13
    BMWグループ(BMW Group)の高性能なBMW「M」ブランドは4月7日、2022年第1四半期(1~3月)の世界新車販売の結果を発表した。

    1 774RR

    BMWの子会社のBMW M社は、BMWの市販車をベースに高性能化したモデルを開発している。現行のラインナップは、『M3セダン』、『M4クーペ』、『M5』、『X3M』、『X4M』、『X5M』、『X6M』、『M8クーペ』、『M8カブリオレ』、『M8グランクーペ』など。いずれもパワートレインは、ターボ付きのガソリンエンジンを搭載している。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=640&h=499&exp=10800


    【BMW Mカー世界販売、3%増と伸びて過去最高に 2022年第1四半期】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    7シリーズ(英語名: 7 Series、ドイツ語名: 7er)は、ドイツの自動車メーカー、BMWが製造・販売している大型高級セダンである。 前身は大型セダンのE3系である。 他のライバルの多くがショーファードリヴンカー(オーナーは後席に座り、専従の運転手がハンドルを握る)としての性格を強く持つ中、7
    31キロバイト (2,381 語) - 2021年12月17日 (金) 13:41
    電気自動車の「i7」も同時に登場👏

    1 陸上選手(茸) [JP] :2022/04/22(金) 15:32:19.11


    BMWがフラッグシップサルーン「7シリーズ」の新型を発表

    独BMWは2022年4月20日(現地時間)、フラッグシップサルーン「7シリーズ」の新型を発表した。

    今回発表された新型は、7シリーズとしては第7世代にあたるモデル。同社は「シリーズ誕生から45年目を迎える最も先進的かつ革新的な一台であり、BMWグループの強さの象徴するもの」とアピールする。2022年11月からは、世界の各市場で順次デリバリーがスタート。ラグジュアリーセグメントにおけるBMWの重要なマイルストーンになることが期待されている。

    全長×全幅×全高=5391×1950×1544mmという堂々たる体格の新型7シリーズは、大きなキドニーグリルと上下2段に分かれたランプで構成されるフロントまわりが外観上の大きな特徴。対してリアまわりはややコンサバティブな印象で、Cピラー部にはホフマイスターキンクと呼ばれるBMW伝統のデザイン処理が残されている。

    「リアのスペースを最大化すべくロングホイールベース化した」と説明されるとおり、新型ではキャビンの快適性を重視。先代のロングボディー版に匹敵する3215mmというホイールベースが与えられている。

    インテリアでは、エアコン吹き出し口の見えない水平基調のインストゥルメントパネルや、そのパネル上に設置されたワイドな大型ディスプレイが新しい。幅広いセンターコンソールやドアのアームレスト部にはヒーターが内蔵されている。

    特に後席の快適性を高めた“エグゼクティブラウンジ仕様”では、32:6比率のワイド型31.3インチディスプレイや5G通信が可能なインフォテインメントシステム、ドアインナーパネル部の5.5インチタッチコントロールディスプレイ、LEDによる光の演出が新しい「スカイラウンジパノラミックグラスサンルーフ」などで、快適かつ便利な空間を提供。上質感へのこだわりは言わずもがなで、厳選されたメリノレザーのほか、カシミアウールも素材とした2トーンのインテリアトリムも選択可能となっている。

    https://www.webcg.net/articles/-/46265


    (出典 s.response.jp)


    (出典 s.response.jp)


    (出典 s.response.jp)


    (出典 s.response.jp)


    【[目目] BMWの旗艦モデル7シリーズがフルモデルチェンジ💫】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加

    BMWのエンジン型式一覧 ドイツ車 ユーロNCAP フォーミュラ・BMW BMW選手権・BMW PGA選手権・BMW女子選手権・BMWインターナショナル・オープン・BMWマスターズ BMWヴェルト BMW JAPAN BMW Japan (@bmwjapan) - Facebook BMW Japan
    51キロバイト (6,423 語) - 2022年4月11日 (月) 20:42
    独BMWは2022年4月20日、BMW新型「7シリーズ」を欧州で発表しました。

    1 蚤の市 ★ :2022/04/23(土) 22:52:34.00

    電気自動車の「i7」も同時に登場
    BMW7シリーズは、初代が1977年に登場したBMWのフラグシップセダンです。今回登場したモデルは7代目で、モデルコードは「G70」になります。


    (出典 paultan.org)


    【これぞ究極の“オニ顔”セダン BMW新型「7シリーズ」世界初公開! EV「i7」は1900万円で日本で予約開始】の続きを読む

    このページのトップヘ